メインメニューを開く

東新町入口(とうしんちょういりぐち)[注 1]とは、名古屋市中区新栄にある名古屋高速道路都心環状線入口である。

東新町入口
Toshincho-int.JPG
所属路線 名古屋高速都心環状線
IC番号 R02
料金所番号 41-101
本線標識の表記 東新町
起点からの距離 0.6km(東片端JCT起点)
(0.6km) 丸田町JCT
供用開始日 1985年5月7日
通行台数 10,670台/日(2014年度)
所在地 460-0004
愛知県名古屋市中区新栄1丁目
テンプレートを表示
東新町入口(2015年4月)

目次

道路編集

接続する道路編集

料金所編集

大高方面編集

  • レーン数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

利用台数編集

名古屋市統計年鑑による利用台数の推移

1991年(平成3年)度 4244266台[1]
1992年(平成4年)度 4191793台[1]
1993年(平成5年)度 4096999台[1]
1994年(平成6年)度 4257746台[1]
1995年(平成7年)度 4192374台[1]
1996年(平成8年)度 3656207台[2]
1997年(平成9年)度 3467952台[2]
1998年(平成10年)度 3067952台[2]
1999年(平成11年)度 2929074台[2]
2000年(平成12年)度 2729321台[2]
2001年(平成13年)度 2694714台[3]
2002年(平成14年)度 2714113台[3]
2003年(平成15年)度 3111554台[3]
2004年(平成16年)度 3260110台[4]
2005年(平成17年)度 3421514台[4]
2006年(平成18年)度 3422680台[4]
2007年(平成19年)度 3381878台[5]
2008年(平成20年)度 3368073台[5]
2009年(平成21年)度 3359751台[5]
2010年(平成22年)度 3468070台[6]
2011年(平成23年)度 3651517台[6]
2012年(平成24年)度 3816588台[6]
2013年(平成25年)度 3955921台[7]

編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 愛知県名古屋市東区東新町を「とうしんちょう」と呼ぶのは通称である。正式な地名は「ひがししんちょう」である。インターチェンジ名としては通称が採用された。

出典編集

  1. ^ a b c d e 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成8年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成13年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  3. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成16年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2008年8月28日). “平成19年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2011年3月28日). “平成22年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  6. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2014年9月22日). “平成25年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  7. ^ 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2015年3月24日). “平成26年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数   (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。

関連項目編集