東村氏(ひがしむらし)は、東村範兼 が創始した 氏族

東村氏
家紋
四つ石
本姓 藤原北家平賀氏
家祖 東村範兼
種別 華族
平民
出身地 安芸国(現・広島県西部)
著名な人物 東村範兼
東村吉泰
東村資泰
東村宗忠
東村宗澄
東村頼忠
東村保忠
東村貞通
東村太吉
支流、分家 業垣氏
藤田氏
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

東村範兼を祖とする一族。「村」は村(邑)を表す。「東」は方角を表す。

ルーツは、広島県の安芸地方である。

または、現三重県北西部である伊賀の豪族、宇多天皇の皇子敦実親王を祖とする源氏(宇多源氏)佐々木氏流がある。ほか香宗我部家に仕える臣下、現京都府北西部と兵庫県東部である丹波などにもみられる。

現在、関西地方や、九州地方に多く分布している。

安芸東村氏編集


安芸東村氏家系図

安芸で栄えた家系

東村範兼-吉泰-資泰-宗忠-宗澄=頼忠=

保忠-貞通-相道→

初代 範兼(のりかね)

二代 吉泰(よしやす)

三代 資泰(もとやす)

四代 宗忠(むねただ)

五代 宗澄 (むねすみ)

六代 頼忠(よりただ)

七代 保忠(やすただ)

八代 貞通(さだみち)

九代 相道(あいどう)

大隅東村氏編集

出典編集