メインメニューを開く

東犬山駅(ひがしいぬやまえき)は、かつて愛知県犬山市に存在した名古屋鉄道大曽根線(現:小牧線)広見線廃駅)である。大曾根線と広見線はいずれも地上線であり、当駅で平面交差していた。1931年に大曾根線の新小牧駅(現在の小牧駅) - 犬山駅間が開通した際に乗換駅として開業し、1946年に広見線の起点が犬山口駅から犬山駅に変更され、犬山口駅-富岡前駅間が廃止された際に当駅も廃止された。

東犬山駅
MT-Inuyama Substation.JPG
駅跡地付近に設けられた犬山変電所
ひがしいぬやま
HIGASHI INUYAMA
所在地 愛知県犬山市
所属事業者 名古屋鉄道
駅構造 地上駅
開業年月日 1931年昭和6年)4月29日
廃止年月日 1946年(昭和21年)3月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 大曽根線
キロ程 20.1km(上飯田起点)
五郎丸 (1.4km)
(0.5km) 犬山
所属路線 広見線
キロ程 0.5km(犬山口起点)
犬山口 (0.5km)
(1.4km) 富岡前
テンプレートを表示

歴史編集

隣の駅編集

※営業時

名古屋鉄道
大曽根線
羽黒駅 - (五郎丸駅 1944年(昭和19年)休止) - 東犬山駅 - 犬山駅
広見線
犬山口駅 - 東犬山駅 - 富岡前駅

脚注編集

関連項目編集