東金城

千葉県東金市にある城跡。東金市の史跡。

東金城(とうがねじょう)は、千葉県東金市東金の八鶴湖畔の本漸寺後方の台地上にあった日本の城である。1521年(大永元年)に戦国武将である酒井定隆と酒井隆敏が土気城から田間城を経て東金へ移り、築いたといわれる。別名:鴇ケ根城(ときがねじょう)。東金市指定史跡[1]

logo
東金城
千葉県
東金城遠景
東金城遠景
別名 鴇ヶ根城
城郭構造 平山城
築城主 酒井定隆
築城年 1521年(大永元年)
主な城主 酒井氏
廃城年 1590年(天正18年)
遺構 郭、堀切
指定文化財 市の史跡[1]
位置 北緯35度33分37.9秒 東経140度21分23.6秒 / 北緯35.560528度 東経140.356556度 / 35.560528; 140.356556座標: 北緯35度33分37.9秒 東経140度21分23.6秒 / 北緯35.560528度 東経140.356556度 / 35.560528; 140.356556
地図
東金城の位置(千葉県内)
東金城
東金城
テンプレートを表示

概要編集

東金城は上総酒井氏の居城として、酒井定隆によって1521年(大永元年)に築かれたとする説と、室町時代千葉氏が築いた鴇ケ峯城を起源とする説があるが、酒井氏による築城が有力である[2]。1590年(天正18年)の豊臣秀吉の小田原攻めの際に、酒井氏は北条氏についたため、浅野長政によって接収される。

その後、徳川家康の関東入封後の1613年(慶長18年)、東金は家康の御鷹場(鷹狩の場)となり宿泊施設として東金御殿が建てられた。1630年(寛永7年)の徳川秀忠を最後に鷹狩はおこなわれなくなり、1671年(寛文11年)には東金御殿も取り壊された。現在、東金御殿跡には千葉県立東金高等学校があり、同校と本漸寺との間に登城口がある。東金城の主郭は最高部(標高74メートル)に位置し、東の3郭、西の2郭との比高は6メートル、面積約1000平方メートルである[3]

歴史編集

  • 1521年(大永元年)に酒井定隆によって築城。
  • 1590年(天正18年)に豊臣秀吉の関東征伐の際に廃城。
  • 1613年(慶長18年)徳川家康の鷹狩の宿泊場所として、東金御殿を築く。
  • 1671年(寛文11年)東金御殿の取り壊し。
  • 1995年(平成7年)6月7日、東金市の史跡に指定。

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「市指定文化財 東金城址」東金市公式HP
  2. ^ 東金城に関する図書 | 東金市」『』。2018年5月17日閲覧。
  3. ^ 西山太郎 (1989). 千葉県中近世城跡研究調査報告書 第9集. 千葉県教育委員会