メインメニューを開く
本来の表記は「東雲 衑藏」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

東雲 衑藏(しののめ れいぞう、「れい」は「行」の偏と旁の間に「令」、1886年明治19年)5月9日 - 1949年昭和24年)9月5日)は、徳島県勝浦郡出身で雷部屋所属の元大相撲力士。最高位は東小結。本名は相原(後に関)衑三。身長173cm、体重105kg。幕末期に活躍した千羽ヶ嶽兵右エ門(元前頭2枚目)は伯父に当たる。

来歴編集

1912年(明治45年)鬼ヶ谷に勧誘され5月幕下付出で初土俵。四股名はこの時から東雲。1917年大正6年)5月新十両、1920年(大正9年)1月新入幕。1923年(大正12年)1月新小結。1925年(大正14年)5月廃業。

主な成績編集

  • 通賛成績:62勝60敗3分1預22休 勝率.508
  • 幕内成績:39勝49敗3分22休 勝率.443
  • 現役在位:18場所
  • 幕内在位:11場所
  • 三役在位:1場所(小結1場所)

関連項目編集