松井猛

プロ野球選手

松井 猛(まつい たけし)は、元プロ野球選手。ポジションは外野手

松井 猛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市住吉区
生年月日 1940年1月18日
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
ポジション 外野手
プロ入り 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

興國商業高等学校では、左翼手として1957年春の選抜に出場。2回戦(初戦)で淡河弘松本俊一らのいた久留米商に9回裏サヨナラ負け。夏の府大会で活躍すると家計も厳しかったため中退[1]して1958年大毎オリオンズに入団。しかし出場機会はなく結婚を熱望したこともあって[1]1959年限りで退団する。その後は社会人野球日本軽金属に入ると大昭和製紙の補強選手として都市対抗野球に出場[1]。その後は妻の出身地である北海道へ移り、電電北海道で活躍した。引退後は定年まで社業に従事した[1]

1965年の第1回プロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズからドラフト10位で指名されるが、入団拒否している。プロ野球引退後にドラフト会議で指名された唯一の元プロ野球(NPB)選手である(1999年に社会人野球が元NPB選手の受け入れを再開して以降の制度では、NPB復帰時にドラフトにかける必要がないため)。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 43 (1958年 - 1959年)

脚注編集

  1. ^ a b c d プロ野球ドラフト全史2002年版 ベースボールマガジン社

関連項目編集