松原 広長(まつばら ひろなが)は室町時代武将尾張国春日井郡今村城主(第2代目)。通称、松原下総守広長。父に松原一学、弟に松原元次がいる。

 
松原 広長
時代 室町時代
生誕 永享12年(1440年
死没 文明14年(1482年
別名 廣長、下総守
氏族 松原氏
父母 父:一学
兄弟 弟:元次
不明
テンプレートを表示

概要編集

当初は三河国今村城を居城としていたが、寛正年間(1460年 - 1466年)に父の松原一学尾張国春日井郡横山村(現在の愛知県瀬戸市)に今村城を築城して移り住んだ。広長の代で勢力は急速に拡大し、桑下城長江利景と並び、現在の愛知県瀬戸市周辺の二大勢力となった。

文明14年(1482年)桑下城主長江利景との間で起きた大槇山の戦いの際に討死した。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 第23巻愛知県』 角川書店、1991年、204頁。
  • 『戦国合戦大事典 第三巻』 新人物往来社、1989年、106頁。