メインメニューを開く

松平 容詮(まつだいら かたさだ)は、江戸時代中期の陸奥国会津藩の世嗣。官位従四位下侍従駿河守

 
松平容詮
時代 江戸時代中期
生誕 寛延3年4月6日1750年5月11日
死没 天明5年6月17日1785年7月22日
官位 従四位下侍従駿河守
陸奥会津藩世嗣
氏族 会津松平家
父母 父:松平容章、養父:松平容頌
兄弟 容詮、春洞院
養兄弟:大村純鎮正室
正室:前田重教次女・頴
鈴木氏
容住容序
テンプレートを表示

略歴編集

寛延3年(1750年)、松平容章(3代藩主・松平正容の九男)の長男として誕生。

5代藩主・容頌の養子となるが、家督を継ぐ前の天明5年(1785年)に死去。家督は長男・容住が容頌の死後に継いだ。

系譜編集