松平 忠彊(まつだいら ただかつ)は、江戸時代中期の上野国小幡藩の世嗣。別名は乙五郎。

 
松平忠彊
時代 江戸時代中期
生誕 安永5年9月11日1776年10月22日
死没 寛政10年2月12日1798年3月28日
別名 乙五郎
上野小幡藩世嗣
氏族 奥平松平家
父母 松平忠福松平資訓養女
兄弟 忠房高木正剛忠彊横瀬貞征
津田信久正室、曲淵景露室、曲淵景露室
内藤信凭
於謹姫
テンプレートを表示

略歴編集

安永5年(1776年)、2代藩主・松平忠福の三男として誕生。

寛政元年(1789年)、同母兄・忠房が早世したため代わって嫡子となり11代将軍・徳川家斉に初御目見した。しかし、官位の叙任はされなかった。寛政10年(1798年)、家督を継ぐことなく早世した。

代わって甥・忠恵(忠房の長男)が嫡子となった。

系譜編集