松延 市次(まつのぶ いちじ、1924年5月3日 - )は、日本国語学者である。宮本武蔵の著書『五輪書』の国語学的研究でも知られている。

福岡県八女郡出身。剣道教士七段

経歴編集

著書編集

国語学・専門書関係編集

  • 『ことばの研究』研数書院 1956年
  • 『小大君全釈』(共著)翰林書房 2000年
教科書
  • 『中等国語』三省堂 編集委員 1960年
  • 『古典文法』桐原書店 1983年
副読本
  • 『漢字の基礎学習』正高社 1977年
  • 『基礎古典文法』桐原書店 1993年
辞典・辞書
  • 『新撰国語辞典』小学館 編集委員 1955年
  • 『音訓両引き国語辞典』三省堂 編集委員 1961年

剣道関係編集

  • 雑誌『剣道』編集長 正高社 1976〜1980年
  • 『剣道』成美堂 1987年
  • 『剣道段級審査』(共著)成美堂 1995年

五輪書』関係編集

  • 『「五輪書」の諸本について及び四本対校一覧』「秋草学園短大紀要5」1988年
  • 『東北大学本五輪書について』「秋草学園短大紀要6」1989年
  • 『丸岡家本五輪書』について』「報告1号」1998年
  • 『「五輪書」諸本の異なり表記』「報告1号」1999年
  • 『校本・五輪書・諸本一覧(3巻の1)』1999年
  • 『校本・五輪書・索引編(3巻の2)』付き『ロシア語版五輪書』2003年
  • 『校本・五輪書・資料編(3巻の3)』2001年
  • 『決定版 宮本武蔵全書』(共著)松延市次訳・校訂、松井健二監修 弓立社 2003年 ISBN 4896673018

関連項目編集