メインメニューを開く

松本 正彦(まつもと まさひこ、1934年11月24日 - 2005年2月14日 )は、日本漫画家大阪府大阪市都島区出身。それまでの漫画に代わるものとして「駒画」を提唱し、その後の劇画誕生に重要な役割を果たす。1980年以降は切り絵作家として活動した。

略歴編集

1934年(昭和9年)11月24日、大阪市都島区に生まれる。父親は学校の校長をしており厳格な家庭に育った。読んでいた漫画を目の前で破り捨てられた事もあったが、父親が死去するとふたたび漫画を読み始める。手塚治虫の貸本漫画に多大な影響を受ける。

1952年、大阪・日の丸文庫に漫画を持ち込む。持ち込んだ漫画はSF物であったため社長の山田秀三は難色を示し、学園物の執筆を依頼。1953年に単行本「坊ちゃん先生」で漫画家デビュー。日の丸文庫のトップ漫画家として以後活躍する。1956年1月にオムニバス形式の単行本「都会の虹」を発表。これがのちの「探偵ブック 影」の原案となる。1956年11月に発表した単行本「吸血獣」で「駒画」の呼称を初めて使用する。(辰巳ヨシヒロが劇画の呼称を使う1年以上前にあたる)。同じく日の丸文庫で活動していた辰巳ヨシヒロさいとう・たかをの3人で共同生活を行ったのち、先輩漫画家の久呂田まさみに誘われ1958年に上京し、東京都国分寺に生活拠点を移す。しばらく「駒画」の名称に拘っていた松本であったが仲間の説得に折れ、1959年劇画工房に参加。

1960年代中盤以降、土曜漫画などの大人漫画に移行し、1970年代にギャグ漫画「かあちゃんキック」(1972年)、「パンダラブー」(1973年)をひばり書房より発表。その後「ゴルゴ13」 の原作執筆や、小学館ビッグコミックに自伝漫画「劇画バカたち」の連載などを経て、1980年代より切り絵作家に転向。高島屋、東急、銀座松屋、京王などの都内百貨店やギャラリーで毎年個展を開催する。

2003年、銀座のギャラリー悠玄にて最後の個展を開く。個展の最中に胃ガンが見つかり胃の全摘手術を受ける。2005年2月14日スキルス性胃ガンのため永眠。享年70歳。同年、ギャラリー214にて追悼展。

2008年、河口湖ミューズ館にて切り絵作品だけを集めた回顧展を開催。2009年には貸本時代の作品を集めた「松本正彦駒画作品集 隣室の男」(小学館クリエイティブ)、1970年代の抒情的な傑作を集めた「たばこ屋の娘」(青林工藝舎)、劇画誕生を描いた「劇画バカたち」(青林工藝舎)が立て続けに出版される。2010年、「たばこ屋の娘」のフランス語版がフランスの出版社カンボラキスから出版され、コミックの祭典アングレームフェスティバルで、石ノ森章太郎の「佐武と市」、ちばてつやの「あしたのジョー」と並んで、Patrimoine賞(文化遺産賞)にノミネートされる。2011年7月、恵比寿のギャルリカプリス、2012年9月、原宿の積雲画像にて切り絵作品だけの個展が開催された。

作品リスト編集

貸本漫画時代編集

1953年

  • 坊ちゃん先生(東洋出版社) 
  • 続坊ちゃん先生(八興)

1954年

  • ユーモア学校(八興)
  • 坊ちゃん探偵(日の丸文庫)
  • サボテンくん(日の丸文庫)
  • サボテンくん上京す(日の丸文庫)
  • がんばれ三太(日の丸文庫)
  • 大学の虎(日の丸文庫)
  • 紫の魔王(日の丸文庫)

1955年

  • 黒帯くん(日の丸文庫)
  • 黒い鞄(日の丸文庫)
  • 豪勇黒帯くん(日の丸文庫)
  • 快男児(日の丸文庫)
  • 地獄の顔(日の丸文庫)
  • 人形紳士(日の丸文庫)

1956年

  • 金色の悪魔(日の丸文庫)
  • 都会の虹(日の丸文庫)
  • 隣室の男(日の丸文庫)
  • 濃霧(日の丸文庫)
  • 生きていた人形(日の丸文庫)
  • 闇に消える男(日の丸文庫)
  • 復讐(日の丸文庫)
  • 白雪(日の丸文庫)
  • 吸血獣(日の丸文庫)
  • 不知火村事件(日の丸文庫)
  • 最後の凱歌・前編(日の丸文庫)
  • 猫と機関車(日の丸文庫)
  • 妖怪暗闇堂(日の丸文庫)

1957年

  • 最後の凱歌・後編(日の丸文庫)
  • 七彩の殺人(日の丸文庫)
  • 山を裂く男(日の丸文庫)
  • 闇に光る眼(日の丸文庫)
  • 地獄から来た天使(セントラル文庫)
  • 天狗岩の怪(セントラル文庫)
  • 吠える拳銃(三島書房)
  • 真紅の天幕(セントラル文庫)
  • 燈台島の怪(三島書房)
  • 人間岩(セントラル文庫)
  • 夕立(セントラル文庫)
  • 第9の部屋(三島書房)
  • 校内殺人事件(三島書房)
  • 葬られた男・前編(三島書房)
  • 葬られた男・後編(三島書房)
  • 右から3番目(三島書房)
  • 怪奇虫男(若木書房)
  • 東京暗黒街(金園社)
  • 抜身京四郎(金園社)
  • 地底の叫び・前編(日の丸文庫)
  • 地底の叫び・後編(日の丸文庫)
  • 二度目の埋葬(セントラル文庫)
  • 呪いの人形(セントラル文庫)
  • 上り終電車(日の丸文庫)

1958年

  • 雪の日の殺人(金園社)
  • 生ける死仮面(兎月書房)
  • 陽炎(宝文館)
  • 瓶の中の手記(日の丸文庫)
  • 友ありて(セントラル文庫)
  • 宇宙超特急(セントラル文庫)
  • 指紋(セントラル文庫)
  • 拳銃(ガン)(大宝出版)
  • 嵐竜太郎1(セントラル文庫)
  • 嵐竜太郎2(セントラル文庫)
  • 人間花(日の丸文庫)
  • 嵐竜太郎3(セントラル文庫)
  • 暗闇の対決(日の丸文庫)
  • 赤毛連盟(セントラル文庫)
  • 嵐竜太郎4(セントラル文庫)
  • 富士に立つ影・前編(セントラル文庫)
  • 月高く鯉跳ねる(若木書房)
  • 静かなる水のほとり(日の丸文庫)
  • サーカス殺人事件(セントラル文庫)
  • 銀座殺人事件(金竜出版社)
  • 地獄へ消えろ(わかば書房)
  • 富士に立つ影・後編(セントラル文庫)
  • 街灯(若木書店)
  • ゆらぐ銀嶺・前編(セントラル文庫)
  • 轢かれた男・前編(セントラル文庫)
  • 麻薬と拳銃(若木書房)
  • 最後の取り引き(セントラル文庫)
  • 切るんだ敬一(セントラル文庫)
  • 雪の翌日(日の丸文庫)
  • ゆらぐ銀嶺・後編(セントラル文庫)
  • 拳銃街(若木書房)

1959年

  • 轢かれた男・後編(日の丸文庫)
  • 大都会交響楽1(セントラル文庫)
  • 札束と拳銃(若木書房)
  • 奇妙な生物(セントラル文庫)
  • 大都会交響楽2(セントラル文庫)
  • 雨降る夜(日の丸文庫)
  • 春風と札束(セントラル文庫)
  • 死体と拳銃(若木書房)
  • 大都会交響楽3(セントラル文庫)
  • 杖持つ老女(セントラル文庫)
  • バラと拳銃(若葉書房)
  • そうは問屋はおろさない(セントラル文庫)
  • 陽はまた明日も昇る(セントラル文庫)
  • やっかいな重荷(若木書房)
  • 京介誕生記(日の丸文庫)
  • どす黒い航海(セントラル文庫)
  • 暗き処宝あり(兎月書房)
  • 広い空の下(セントラル文庫)
  • すてきなおもてなし(セントラル文庫)
  • 東京ファイル(兎月書房)
  • 鍵(若木書房)
  • 犯罪山脈(セントラル文庫)
  • 雷雨(兎月書房)
  • どくろに頼む(若木書房)
  • 昼なき男(セントラル文庫)
  • 静かなる男(セントラル文庫)
  • 海上殺人事件(若木書房)
  • 発狂の街(日の丸文庫)
  • 鉄の野獣(エンゼル文庫)
  • 殺人アルバイト(セントラル文庫)
  • 恐怖劇場(わかば書房)
  • 決闘千畳ガ原(セントラル文庫)
  • わたしの部屋(兎月書房)
  • どぶ川(セントラル文庫)
  • わたしのり出す(若木書房)
  • 首(日の丸文庫)
  • 証拠(セントラル文庫)
  • 枯葉(セントラル文庫)
  • 年賀状(セントラル文庫)
  • 完全犯罪(日の丸文庫)
  • 人形屋敷の怪(金園社)
  • 白銀は招かないよ(セントラル文庫)
  • ある殺人(セントラル文庫)
  • 重たい影(日の丸文庫)

1960年

  • 有楽町殺人事件(金園社)
  • 桟橋まで200円(セントラル文庫)
  • ミイラ(セントラル文庫)
  • 復讐鬼(金園社)
  • 400万円の破滅(中村書店)
  • 裏窓(金園社)
  • 涙を売る男(日の丸文庫)
  • さまよう男(エンゼル文庫)
  • 煙の如く忽然と(セントラル文庫)
  • 隣室の女(セントラル文庫)
  • トランペット(兎月書房)
  • 阿蘇殺人事件・前編(金園社)
  • 恐怖男まかり通る(エンゼル文庫)
  • 40番街の殺し屋(セントラル文庫)
  • いらっしゃい激餓亭です(金園社)
  • 劇画家百態(エンゼル文庫)
  • ぼくは知らない(中村書店)
  • 阿蘇殺人事件・後編(金園社)
  • 天狗(すずらん出版)
  • 黒い背広と2本指(金園社)
  • 芦ノ湖殺人事件(セントラル文庫)
  • 横にいる死体(金園社)
  • 黒い疑惑(すずらん出版)
  • 木の足をした犬(セントラル文庫)
  • 今夜もまた(すずらん出版)
  • 秋雨(金園社)
  • 雨の夜に死す(すずらん出版)
  • 死神の尾行(セントラル文庫)
  • 金もうけの話(エンゼル文庫)
  • 大阪の灯(日の丸文庫)
  • 脱獄(エンゼル文庫)
  • 過去への旅路(金園社)
  • 劇画界(すずらん出版)
  • 見知らぬ男(セントラル文庫)
  • 墓場ジャングル(すずらん出版)
  • 鐘が鳴れば人が死ぬ(セントラル文庫)
  • 消えた女(三洋社)

1961年

  • 自殺する(エンゼル文庫)
  • 彼女は知っていた(すずらん出版)
  • つめたい風(セントラル文庫)
  • 口笛は3度鳴る(三洋社)
  • 大計画(日の丸文庫)
  • 俺に手を出すな(セントラル文庫)
  • 復讐の序曲(すずらん出版)
  • あいつが殺った(セントラル文庫)
  • おいなりさん(金園社)
  • 地獄のピエロ(日の丸文庫)
  • かしこい犬(セントラル文庫)
  • 吠える野獣(すずらん出版)
  • あとは俺が(ホープ書房)
  • 野獣にむかう(セントラル文庫)
  • 白球は飛ぶ(日の丸文庫)
  • ハジキ右手に(ホープ書房)
  • これさえあれば(セントラル文庫)
  • 放たれた野獣(ホープ書房)
  • こいつのおかげで(日の丸文庫)
  • 手紙をうばえ(日の丸文庫)
  • 出てきた男(セントラル文庫)
  • 野獣死す時(ホープ書房)
  • しくまれた罠(三洋社)
  • 誰が殺した(セントラル文庫)
  • 男を探せ(三洋社)
  • 死神の恐怖(三洋社)
  • 天使と野獣(日の丸文庫)
  • 死んだ男(セントラル文庫)
  • 顔(ホープ書房)
  • ひきうけたぜ(セントラル文庫)
  • 闇をふりむく(三洋社)

1962年

  • 狂った番犬(ホープ書房)
  • 幸福の手紙(セントラル文庫)
  • 毛(日の丸文庫)
  • 死線(三洋社)
  • 学生アルバイト(セントラル文庫)
  • 再会(ホープ書房)
  • 闇を葬れ(日の丸文庫)
  • ルガー08の男(ホープ書房)
  • 暗黒地帯(セントラル文庫)
  • どくろ夜行(セントラル文庫)
  • 復帰(カムバック)(セントラル文庫)
  • 波止場野郎(セントラル文庫)
  • 頭にきちゃう(兎月書房)
  • くもの巣(日の丸文庫)
  • 地獄の椅子(セントラル文庫)
  • 闇から闇へ(兎月書房)
  • 無責任なアイツ(日の丸文庫)
  • サボテン君(日の丸文庫)
  • 死へ一歩(日の丸文庫)

貸本以降の主な作品編集

  • 玩具戦争(東考社 1965)
  • 東海道ヤジキタ道中記(土曜出版社 1966)
  • ヘソゴマくん(東考社 1966)
  • たばこ屋のあった横丁(一水社 1972)
  • 遠いお祭り(リイド社 1972)
  • かあちゃんキック(ひばり書房 1972)
  • 鶴巻鳴子の恋人(リイド社 1973)
  • パンダラブー(ひばり書房 1973)
  • 踏切の向こう(リイド社 1973)
  • 赤いキッス(リイド社 1973)
  • 花の新宿(リイド社 1973)
  • ラーメン街道(リイド社)
  • どこかへ(土曜出版社 1973)
  • 赤い靴(リイド社 1973)
  • ハッピーちゃん(土曜出版社 1973-74)
  • コーヒーの味(土曜出版社 1973)
  • たばこ屋の娘(土曜出版社 1974)
  • つるつる(土曜出版社 1974)
  • 他人自身(小学館 1977)
  • ああ荒川線(小学館 1978)
  • 劇画バカたち!!(小学館 1979-83)
  • 劇画バカたち!!(青林工藝舎 2009)
  • 松本正彦駒画作品集「隣室の男」(小学館クリエイティブ 2009)
  • たばこ屋の娘(青林工藝舎 2009)

その他編集

  • 完全復刻版 影・街(石川フミヤス、草川秀男、久呂田まさみ、さいとう・たかを、桜井昌一、佐藤まさあき、高橋真琴、辰巳ヨシヒロ、松本正彦)

参考資料編集

  • 松本正彦 『松本正彦駒画作品集 隣室の男』 小学館クリエイティブ、2009年(巻末年譜)
  • 松本正彦 『劇画バカたち』 青林工藝舎、2009年

関連項目編集