メインメニューを開く
松本荘一郎

松本 荘一郎(まつもと そういちろう、嘉永元年5月23日[1]1848年6月23日) - 明治36年(1903年3月19日[2])は、日本鉄道官僚技術者工学博士。幼名は泰蔵松本烝治の父[1]

目次

経歴編集

播磨国神東郡粟賀村(現在の兵庫県神崎郡神河町)出身[1]箕作麟祥の塾に入り、山田冬蔵・高並大助(後の大井憲太郎)とともに三秀才と称された[3]。家計が窮迫して郷里に帰ることになったが、塾生の大垣藩士上田肇(後の上田聴秋)の尽力で大垣藩士に取り立てられ、大学南校で学ぶことができた[3]1870年(明治3年)、アメリカ留学を命じられ、7年滞在して工学を学んだ[3]

帰国後は東京府御用掛として土木事務を担当し、東京大学工学科教授も務めた[3]1879年(明治12年)、開拓使御用掛となり、炭鉱開掘、鉄道敷設、道路改正、市街整頓、石狩川河口改良などの事業を手掛け、開拓使廃止後も工部権大技長、農務権大技長として引き続き北海道の開拓を進めた[3]1884年(明治17年)に東京に戻って全国の鉄道敷設計画を担当し、工部大技長・鉄道一等技師、鉄道庁部長、同長官、逓信省鉄道技監・鉄道局長、鉄道作業局長官・逓信省鉄道局長を歴任した[1]

栄典・授章・授賞編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 大日本博士録 工学博士p.1 1930.
  2. ^ 『官報』第5913号、明治36年3月23日。
  3. ^ a b c d e 西濃人物誌 第一輯pp.121-123 1910.
  4. ^ 『官報』第2187号「叙任及辞令」1890年10月11日。
  5. ^ 『官報』第3291号「叙任及辞令」1894年6月20日。

参考文献編集

  • 西濃聯合教育会編『西濃人物誌 第一輯』西濃印刷、1910年。
  • 井関九郎『大日本博士録 第五巻』発展社、1930年。