松村 脩平(まつむら しゅうへい、1854年12月7日(安政元年10月18日[1]) - 1927年(昭和2年)10月7日[2])は、明治から昭和時代戦前の政治家実業家貴族院多額納税者議員茨城県結城郡宗道村長。

経歴編集

下総国、のちの茨城県結城郡宗道村(千代川村を経て現下妻市)出身[1]。小川八郎の弟として生まれ、1874年(明治7年)松村新造の養子となり家督を相続したのち、更に養子直四郎に譲り、1912年(大正元年)11月分家する[1]

1889年(明治22年)以降、宗道村会議員、同村長、茨城県会議員、結城郡会議員などのほか、石下銀行[注 1]取締役を歴任した[2]

1897年(明治30年)9月には茨城県多額納税者として貴族院議員に互選され、1898年(明治31年)7月まで務めた[2]1904年(明治37年)9月、貴族院議員に再選し、1911年(明治44年)9月まで務めた[2]

親族編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 常陽銀行の前身行のひとつ。

出典編集

参考文献編集