松浦久

平安時代後期の武士。肥前松浦氏の祖。渡辺綱(-奈古屋授(源次授、渡辺授)(-瀧口泰))-久。検非違使、従五位。子に松浦正(源正、公頼、小源次、上松浦党の祖、子に源糺-好、弘(

松浦 久(まつら ひさし)[3]は、平安時代後期の武士肥前国松浦氏の祖。渡辺綱の曾孫とされる[4]

 
松浦 久
時代 平安時代後期
生誕 康平7年(1064年)?
死没 久安4年9月15日1148年10月29日)または久寿元年9月15日(1154年10月23日)?
別名 渡辺久?、源太夫判官、源次(通称)
官位 検非違使従五位
氏族 松浦氏
父母 瀧口泰
正(公頼)[1]直(安)[2]石志増荒久田聞
神田広佐志調
テンプレートを表示

出自編集

源頼光正暦元年(990年)肥前守に任ぜられ、綱を同伴して松浦郡に下向し、筒井村[注釈 1]に住み[5]、任期を終えて正暦5年(995年)に帰洛した。この間に綱は奈古屋(名護屋)で授という男子をもうけ、地名から奈古屋授(源次授、渡辺授)と名づけた。これが松浦氏の祖が肥前国と関係をもつことになった初めとされる。

略歴編集

奈古屋授の子とする瀧口泰の子として、誕生。

延久元年(1069年)、久は松浦郡宇野御厨の荘官となり、松浦、彼杵郡及び壱岐国の田およそ2230町を領有して梶谷に住み、松浦久と名乗り、次いで検非違使に補され、従五位に叙された。久は源太夫判官と称して松浦郡、彼杵郡の一部及び壱岐郡を治め、ここに肥前松浦党の歴史が始まる。

『松浦家世伝抄』では久安4年(1148年)9月15日死去、『松浦大系図』『松浦党系譜』では久寿元年(1154年)9月15日死去とする。

脚注編集

  1. ^ 筒井久の長男のと同人物とする説がある。
  2. ^ 上記の筒井久の三男のの父)と同人物とする説がある。
  3. ^ 尊卑分脈』では、渡辺綱の次男の筒井久と同人物とする。
  4. ^ 系譜によって、渡辺綱の次男の筒井久と混同される場合がある。
  5. ^ この地で次男の筒井久が生まれたという。

注釈編集

  1. ^ のちの西松浦郡波多津村の一部、現在の伊万里市波多津町筒井。

出典編集