長崎県壱岐郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

壱岐郡(いきぐん)は、長崎県壱岐国)にあった

目次

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、壱岐市の一部(勝本町各町・芦辺町各町・石田町湯岳射手吉触・石田町湯岳興触)にあたる。

歴史編集

古代編集

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
壱伎郡 12座(大4座・小8座)
水神社 ミツノ 水神社 長崎県壱岐市勝本町布気触
阿多弥神社 アタミノ 熊野神社 長崎県壱岐市勝本町立石南触
(参)阿多弥神社 長崎県壱岐市勝本町立石東触
住吉神社 スミヨシノ 名神大 住吉神社 長崎県壱岐市芦辺町住吉東触 [1]
兵主神社 名神大 八幡神社 長崎県壱岐市勝本町本宮西触 [2]
(参)兵主神社 長崎県壱岐市芦辺町深江本村触
月読神社 名神大 八幡神社 長崎県壱岐市芦辺町箱崎釘ノ尾触 [3]
(参)月讀神社 長崎県壱岐市芦辺町国分東触
国片主神社 クニカタヌシノ 國片主神社 長崎県壱岐市芦辺町国分東触
高御祖神社 タカミオヤノ
手長比売神社 テナカヒメノ
佐肆布都神社 サシフツノ
同佐肆布都神社
中津神社 名神大 聖母宮 長崎県壱岐市勝本町勝本浦 (壱岐国二宮) [4]
(参)中津神社 長崎県壱岐市勝本町北触
角上神社 ツノヘノ
ツノカミ
凡例を表示

近世以降の沿革編集

 
1.鯨伏村 2.香椎村 3.箱崎村 4.那賀村 5.田河村 11.武生水村 12.渡良村 13.柳田村 14.沼津村 15.石田村 16.志原村 17.初山村(紫:壱岐市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。[ ]は合併した村。全域が現・壱岐市。(5村)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「壱岐石田郡役所」の管轄区域をもって、改めて壱岐郡が発足。武生水村渡良村柳田村沼津村石田村志原村初山村が本郡の所属となる。(12村)
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制を施行。郡役所が武生水村に設置。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正14年(1925年)4月1日 - 武生水村が町制施行して武生水町となる。(1町11村)
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和10年(1935年)4月1日 - 香椎村が町制施行・改称して勝本町となる。(2町10村)
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は138.56平方km、人口は40,777人(男19,800人・女20,977人)[1]
  • 昭和22年(1947年11月3日 - 田河村が町制施行して田河町となる。(3町9村)
  • 昭和30年(1955年
    • 2月11日(3町3村)
      • 勝本町・鯨伏村が合併し、改めて勝本町が発足。
      • 武生水町・初山村・柳田村・志原村・渡良村・沼津村が合併して郷ノ浦町が発足。
    • 4月1日 - 田河町・那賀村が合併して芦辺町が発足。(3町2村)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 箱崎村が芦辺町に編入。(3町1村)
  • 昭和33年(1958年)4月1日 - 郷ノ浦町の一部(久喜触)が石田村に編入。
  • 昭和36年(1961年)4月1日 - 芦辺町の一部(湯岳射手吉触および湯岳興触のうち字古川・興)が石田村に編入。
  • 昭和45年(1970年8月1日 - 石田村が町制施行して石田町となる。(4町)
  • 平成16年(2004年3月1日 - 郷ノ浦町・勝本町・芦辺町・石田町が合併して壱岐市が発足。同日壱岐郡消滅。長崎県内では1896年の郡の再編以来、上県郡下県郡と共に初の郡消滅となった。

変遷表編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献編集

関連項目編集