メインメニューを開く

松浦親 (九郎)

相神浦松浦氏17代目。松浦隆信の子

松浦 親(まつら ちかし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将肥前国飯森城主。

 
松浦親
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正2年(1574年
別名 通称:九郎
官位 丹後(受領名)
氏族 松浦氏
父母 父:松浦隆信、養父:松浦親
兄弟 鎮信後藤惟明信実志佐純元
養兄弟:
後藤貴明次女
大野忠志佐純高

平戸松浦氏当主・松浦隆信の三男。永禄9年(1566年)、父・隆信と長年争ってきた相神浦松浦氏16代目・松浦親が隆信に敗れ、降伏。和睦の条件として隆信の三男・九郎を養子に迎えた[1]。九郎は義父と同名の親を名乗り17代目を継ぐ。

元亀2年(1571年)、針尾島針尾氏を攻める。同年、嫡男・が誕生。同3年(1572年1月20日有田唐船城から攻め寄せてきた、親と同じく先代の養子であった松浦盛を、盛の家老山本右京の内応もあり柚木相当原で打ち破る[2]。同年、佐世保城主・遠藤盛胤龍造寺隆信に寝返ったとして討ち果たした。なお、この時の逸話として、盛胤の娘白縫姫蛇島伝説がある。

天正2年(1574年)、対立していた重臣東時忠を誅殺せんとするも、時忠と刺し違えになり死去。

脚注編集

  1. ^ 『史料綜覧』第9編之910 624頁
  2. ^ 大日本史料』第10編之8 196頁

出典編集

  • 『肥前松浦一族』(外山幹夫著 新人物往来社)
  • 『松浦家世伝』
  • 『印山記』
  • 『大村家譜』