メインメニューを開く

松田 恵里(まつだ えり、1994年6月6日 - )は、日本の女子プロボクサー神奈川県海老名市生まれ伊勢原市出身[1]神奈川県立海老名高等学校桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部スポーツテクノロジー学科卒業。TEAM10COUNTジム所属。第4代OPBF東洋太平洋女子アトム級王者。男女通じて日本選手最速となるデビュー2戦目でタイトル獲得。

松田 恵里
基本情報
本名 松田 恵里
階級 アトム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1994-06-06) 1994年6月6日(25歳)
出身地 神奈川県伊勢原市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 3
勝ち 3
テンプレートを表示

目次

来歴編集

兄の影響で幼稚園より空手を始め、小2で全日本優勝[1]

高校時代に兄と共にプロボクシングの観戦に行った際、鳥海純の引退式があり平塚でジムを開くことを知り入門[2]。アマチュア時代には女子ボクシングが初採用された2016年の岩手国体に出場[3]、翌年の愛媛国体では5位入賞。アマチュア戦績33戦21勝(9KO)12敗[4]

2018年2月20日、後楽園ホールにてB級プロテストを受験し[4]、合格。

8月20日、後楽園ホールにて葉月さな(YuKOフィットネス)相手にプロデビューを3-0判定で勝利[5]

12月1日、大阪府立体育会館第二競技場にて慶美奈代(真正)とOPBF東洋太平洋女子アトム級王座決定戦に挑み、3-0判定を制して日本国内では男女通じて最速となるデビュー2戦目(好川菜々チャオズ箕輪の3戦を更新)で王座獲得を果たした[6][7]

2019年3月13日、後楽園ホールにて日本女子アトム級王者鈴木菜々江(シュウ)とのダブルタイトルマッチに挑み、3-0判定で東洋太平洋王座防衛と共に日本王座も獲得し、プロ3戦で2冠となった[8]

戦績編集

  • アマチュア:21勝9KO12敗
  • プロ:2戦2勝
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2018年8月20日 勝利 6R 判定3-0 葉月さな(YuKOフィットネス)   日本 プロデビュー戦
2 2018年12月1日 勝利 8R 判定3-0 慶美奈代(真正)   日本 OPBF東洋太平洋女子アトム級王座獲得
3 2019年3月13日 勝利 8R 判定3-0 鈴木菜々江(シュウ)   日本 OPBF東洋太平洋女子アトム級・防衛1
日本女子アトム級王座獲得
テンプレート

獲得タイトル編集

  • 第4代OPBF東洋太平洋女子アトム級王座(防衛1)
  • 第2代日本女子アトム級王座

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “松田 恵里さん|第71回国体関東ブロック大会女子ボクシングに出場する”. タウンニュース. (2016年8月12日). https://www.townnews.co.jp/0405/2016/08/12/344184.html 2018年12月8日閲覧。 
  2. ^ “TEAM10COUNT所属 女性プロボクサー 松田恵里さん”. リビング湘南. (2018年11月26日). https://mrs.living.jp/shonan/a_feature/article/3286518 
  3. ^ 今年度国体では初実施の女子が充実”. せりしゅんや的アマボク通信 (2016年9月10日). 2018年12月8日閲覧。
  4. ^ a b “[ニュース]2018.2.20 アマエリートが続々プロ転向!”. ボクシングモバイル. (2018年2月20日). https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=20972&n=1 2018年12月8日閲覧。 
  5. ^ “シングルマザー吉田実代 2冠目のOPBF王座獲得”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2018年8月20日). http://boxingnews.jp/news/60353/ 2018年12月8日閲覧。 
  6. ^ “多田悦子が江畑佳代子を攻略 3団体目ベルト獲得 佐伯霞3戦目、松田恵理は2戦目で王者に”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2018年12月1日). http://boxingnews.jp/news/62902/ 2018年12月8日閲覧。 
  7. ^ “多田悦子が日本女子初の同一階級3団体制覇 松田恵里は日本最速プロ2戦目、佐伯霞は3戦目で王座獲得”. スポーツ報知. (2018年12月1日). https://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20181201-OHT1T50175.html 2018年12月8日閲覧。 
  8. ^ 吉田実代が防衛に成功、松田恵里が勝利【試合結果】日本女子バンタム級タイトルマッチ☆吉田実代vs若狭与志枝、OPBF女子&日本タイトル戦 松田恵里vs鈴木菜々江☆3.13 VICTORIVA Vol.4”. Lady Go!. 2019年3月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
秋田屋まさえ
第4代OPBF女子東洋太平洋アトム級王者

2018年12月1日 - 現在

次王者
N/A
前王者
鈴木菜々江
第2代日本女子アトム級王者

2019年3月13日 - 現在

次王者
N/A