メインメニューを開く

松谷穣

日本のジャズピアニスト (1910-1995)

松谷 穣(まつや みのる、1910年1月2日 - 1995年5月15日)は、日本のジャズピアニスト。ゆずる、じょうとも呼ばれていた。

東京音楽学校卒。ウクライナ出身のユダヤ人ピアニストレオ・シロタに師事する。 戦後米軍の仕事で、クラシックからジャズに転向した。多くの日本のジャズボーカリストの育て親となる。藤山一郎の友人。 作曲家小倉朗とも親しく、『ピアノソナチネ』(1937年)を初演する。

ピアニストの松谷翠 (1943 - 1994) は息子である。息子の亡くなった翌年に死去した。

外部リンク編集