松野 陽一(まつの よういち、1935年 - 2018年11月25日)は、日本の国文学者、東北大学名誉教授

人物編集

1935年[1]東京市神田区生まれ。1959年早稲田大学国文科卒。卒論は六百番歌合。1964年同大学院博士課程満期退学、立正学園女子短期大学(後の文教大学女子短期大学部。現在閉校)専任講師、助教授、1974年「藤原俊成の研究」で早大文学博士、東北大学教養部助教授、教授、1988年名誉教授、国文学研究資料館教授、1997年館長。2005年定年退休。2015年春瑞宝中綬章受勲。中世和歌が専門。叙正四位[2]。2018年に死去した[3]

著書編集

校訂など編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Matsuno, Yōichi, 1935- VIAF. 2020年11月1日閲覧。
  2. ^ 『官報』7422号、平成31年1月8日
  3. ^ 飯倉洋一松野陽一先生のこと」『忘却散人ブログ』2018年12月5日。2020年11月1日閲覧。

参考文献編集