メインメニューを開く
板わさ(築地

板わさ(いたわさ)は、日本料理の一つで、蒲鉾を薄く切ってワサビ醤油を添えたもの[1]刺身と同じように、蒲鉾にワサビと醤油を付けて食べる[2]。名称は「板蒲鉾」と「ワサビ」に由来する[1]

蒲鉾を一番手軽に、かつシンプルに味わうことができる料理とされ[1]、シンプルゆえに素材の味を堪能できる奥深い魅力を持つ[3]。ただし、醤油をつけないほうが蒲鉾本来の味を楽しめるという意見もある[4]

[5]、特に蕎麦屋での肴としてもお馴染みで[1]、店によっては飾り切りがされていたり、ワサビや蒲鉾の質が異なるなど、ささやかながら特色がある[6]江戸風の流儀にこだわって一品メニューを排除し、この板わさなどの数品のみ用意している蕎麦屋もある[7]日本酒に合うとされ[4]大吟醸は華やかな香味で魚の上品な風味が押されるため、シンプルに蒲鉾の味を楽しむためには本醸造酒が良いとされる[8]。ほかに、ワサビをつけた蒲鉾は辛口の白ワインのほうが旨味を引き出せるという意見もある[4]。蒲鉾には人体に必要な20種類のアミノ酸がすべてバランスよく含まれていることから、これらを食べた状態で酒を飲むと、エタノールの分解の効率が良く、体に優しい酒の肴だとする説もある[9]

飯に合う定番の惣菜の一つでもあり、旅館和朝食惣菜や、忙しい朝の飯の友としても重宝されている[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 板わさ”. 伝統蔵. ジャパン・フード&リカー・アライアンス. 2013年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月2日閲覧。
  2. ^ 人気料理店も考案!進化した“オシャレ板わさ”とは”. 角川マガジンズ (2009年6月15日). 2013年2月2日閲覧。
  3. ^ 板わさ”. 旅色. ブランジスタ. 2013年2月2日閲覧。
  4. ^ a b c 田崎他 2011, p. 54
  5. ^ 『東京下町』和田英明他編、エイ出版社〈エイムック〉、2003年、97頁。ISBN 978-4-87099-851-3
  6. ^ 角謙二他『東京蕎麦通読本』東京生活編集部編、エイ出版社〈えい文庫〉、2008年、東京生活編集部編、309頁。ISBN 978-4777911110
  7. ^ 達弥生他『埼玉のうまい蕎麦75選』そば道楽の会編、幹書房、2008年、そば道楽の会編、34頁。ISBN 978-4902615432
  8. ^ 片岡譲他『板わさを楽しむ』鈴廣かまぼこ編、鈴廣蒲鉾本店、2009年、62頁。ISBN 978-4-594-06067-1
  9. ^ 田崎他 2011, p. 63.

参考文献編集