メインメニューを開く

林 忠旭(はやし ただあきら)は、上総貝淵藩の第2代藩主、上総請西藩の初代藩主。

 
林 忠旭
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文化2年2月6日1805年3月6日
死没 慶応3年10月20日1867年11月15日
改名 銈次郎(幼名)→忠旭→一道(法号)
墓所 東京都港区愛宕青松寺
官位 従五位下、播磨
幕府 江戸幕府
上総貝淵藩主→請西藩
氏族 三河林氏
父母 父:林忠英
兄弟 忠起忠旭忠交
正室:曽我助順の娘
忠貞(長男)、忠崇(五男)、娘(柴田勝全正室)
養子:忠交

生涯編集

文化2年(1805年)、後に貝淵藩主となる旗本林忠英の次男として生まれる。同年、兄忠起の早世にともない嫡男となる。

嘉永3年(1850年)11月、陣屋を上総国望陀郡請西村に移す。嘉永6年(1853年)のペリー来航では海岸警備などを務めた。嘉永7年(1854年)4月27日、弟で養嗣子の忠交に家督を譲って隠居し、慶応3年(1867年)に63歳で死去した。

先代:
林忠英
林氏貝淵藩2代藩主
1841年 - 1850年
次代:
-
先代:
-
林氏請西藩初代藩主
1850年 - 1854年
次代:
林忠交