メインメニューを開く

林藩(はやしはん)は、伊勢国(現在の三重県津市芸濃町林字城屋敷)に存在した。居城は林城[1]

概要編集

織田信包の長男・信重は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍に与したため、戦後に林1万石の所領を安堵され、林藩を立藩した。しかし実際の家督と実権は父の信包が握っていた。その信包が大坂冬の陣直前に72歳で死去すると、遺言により家督は三男の信則が継ぐこととなった。ところが、これに兄の信重が不満をもって幕府に訴えた。元和元年(1615年)6月、信重は徳川家康の勘気に触れて改易となり、林藩は廃藩となった。

歴代藩主編集

織田家

1万石。外様

  1. 織田信重(のぶしげ)〔従五位下、民部大輔〕

脚注編集

  1. ^ 二木謙一監修・工藤寛正編「国別 藩と城下町の事典」東京堂出版、2004年9月20日発行(375ページ)