林門入

江戸時代の囲碁棋士

林 門入(はやし もんにゅう、1640年寛永17年) - 1685年4月14日貞享2年3月11日[1][2]は、江戸時代囲碁棋士で、家元林家二世林門入安井算知門下。六段とされるが明確でない。

一世林門入(林門入斎)死去2年後の1669年(寛文9年)、安井算知が門下の一人に林家の俸禄を継がせて、林門入と名乗らせた。これにより囲碁家元は林家を加えた四家となり、同年から御城碁にも出仕し、安井知哲に先番4目勝。またこの年から始まった算知と本因坊道悦の争碁では、門入は算知の添願人となっている。本因坊道策名人碁所となった際に寺社奉行に提出した手合組では、門入は道策に二子から先に改められた。

門入は安井家に関わりが深かったが、病に伏してから道策に実子の長太郎への家督相続を託し、長太郎8歳で死去。法名は仙譽自閑居士、門入斎と同じ浅草誓願寺快楽院に葬られる。御城碁は8局を勤めた。

御城碁戦績編集

  • 1669年(寛文9年) 先番4目勝 安井知哲
  • 1670年(寛文10年) 先番2目勝 安井知哲
  • 1677年(延宝5年) 先番13目負 井上道砂因碩
  • 1681年(天和元年) 先番13目負 井上道砂因碩
  • 1682年(天和2年) 白番4目負 星合八碩
  • 1683年(天和3年) 先番3目負 星合八碩
  • 1684年(貞享元年) 先番3目勝 井上道砂因碩
  • 1685年(貞享2年) 白番中押負 星合八碩

参考文献編集

  • 安藤如意、渡辺英夫『坐隠談叢』新樹社 1955年

編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 没年は『坐隠談叢』初版では貞享3年3月11日となっているが、追補版では『伝信録』『碁将棋名順記録』にて貞享2年病死と記されている。

外部リンク編集