メインメニューを開く

井上道砂因碩

井上道砂因碩(いのうえ どうさいんせき、1649年慶安2年) - 1697年元禄10年))は、江戸時代囲碁棋士で、家元井上家三世井上因碩(相続時は二世、後に家系書き換えで三世)、石見国(現・島根県大田市)出身、本因坊道悦門下、上手。本因坊道策の弟で、本姓山崎、幼名は千松。退隠後は休山を号す。

二世井上玄覚因碩が跡目を定めないまま1673年(延宝元年)1月に没した後、本因坊道悦が自身の門下である道砂の跡式による相続願いを12月に寺社奉行に提出し、これが認められて家督を継ぐ。翌年3月に井上因碩の襲名を願い出て認められた。これ以降、井上家当主は代々因碩を名乗る様になる。また井上家は50石10人扶持であったが、この時に25石に減ぜられ、後にまた50石に戻った。

御城碁には1674年(延宝2年)に初出仕、1695年(元禄8年)まで13局を勤める。1677年(延宝5年)に道策が本因坊家を継ぐと同時に名人碁所に就いた際、上手(七段)の手合割に定められる。1690年(元禄3年)に道策門下の桑原道節(井上道節因碩)を跡目に定めた。1697年没、墓所は京都寂光寺

御城碁成績編集

  • 1674年(延宝2年) 先番1目勝 安井春知
  • 1676年(延宝4年) 先番2目負 安井知哲
  • 1677年(延宝5年) 白番13目勝 林門入
  • 1679年(延宝7年) 先番3目勝 安井春知
  • 1681年(天和元年) 白番13目勝 林門入
  • 1682年(天和2年) 白番7目負 安井春知
  • 1683年(天和3年) 先番16目勝 安井算哲
  • 1684年(貞享元年) 白番3目負 林門入
  • 1687年(貞享4年) 白番3目負 星合八碩
  • 1688年(元禄元年) 先番3目勝 星合八碩
  • 1689年(元禄2年) 白番5目負 星合八碩
  • 1692年(元禄5年) 白番2目負 安井仙角
  • 1695年(元禄8年) 白番9目負 安井知哲

参考文献編集

  • 安藤如意、渡辺英夫『坐隠談叢』新樹社 1955年

外部リンク編集