メインメニューを開く

柏戸宗五郎(かしわどそうごろう、1881年10月10日-1946年8月13日[1])は、伊勢ノ海部屋に所属した元力士。9代伊勢ノ海。本名は伊勢ノ海富太郎(旧姓江口)。現在の新潟県上越市出身。189cm、116kg。最高位は東小結[2]

目次

経歴編集

日露戦争で勲功があり、従軍中に知合った伊勢ノ海部屋の力士から角界入りを勧誘され、1907年1月幕下付出で初土俵。1909年6月十両昇進、1910年1月には入幕し、1914年1月に小結に昇進した。しかし心臓病の為に全休し、以後は振るわなかった。すでに師匠が亡くなり二枚鑑札となっており、1918年5月引退し年寄稼業に専念することになった。師匠としては藤ノ川雷五郎などを育てたが、1933年1月場所後錦島部屋に弟子を預け、一時部屋を閉じた。だが1942年1月場所後、後継者として春日山部屋幕内藤ノ川秀剛を譲り受けた。協会内では勝負検査役、理事の要職を務めた[2]

成績編集

  • 幕内16場所41勝29敗77休13分預

改名編集

八國山→柏戸 [3]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19100101.htm
  2. ^ a b ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p30-34
  3. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709