柴田 知薫子(しばた ちかこ、1961年2月 - )は、日本英語学者群馬大学教育学部准教授。専門は外国語教育(英語)。

略歴・人物編集

研究分野編集

  • 音声学・音韻論・英語史
  • 英語の母音推移と強勢移動(English Vowel Shift and Stress Shift)

著書・論文編集

著書編集

  • 『English stress shift and the hierarchy of constraints on prosodic structure』 (リーベル出版、2000年)

翻訳書編集

  • 『カストロ』[著者]イセスター・コルトマン(大月書店、2005年)
  • 『ローマのガリレオ』[著者]ウィリアム・R・シーア、マリアーノ・アルティガス(大月書店、2005年)
  • 『歴史の風景』[著者]ジョン・ルイス・ギャディス浜林正夫と共訳) (大月書店、2004年)
  • 『歴史の風景 歴史家はどのように過去を描くのか』 [著者]ジョンL.ギャディス (大月書店、2004年)

論文編集

  • 『On English Vowel Shift』 (津田塾大学言語文化研究所報、2007年)
  • 『Chain Shifts and Merger in New Zealand English』 (English Linguistics、2006年)
  • 『Diachronic Change in Word Prosodic Systems』(English Linguistics、2006年)
  • 『Stress Distribution in Present-Day English』(English Linguistics、2001年)
  • 『英語の強勢移動と制約の階層性』(国際医療福祉大学紀要、1998年)
  • 『英語の強勢移動と制約』 (音韻研究、1998年)
  • 『Stress Distribution: Constraint Hierarchy in the English Language』(Tsuda Inquiry、1997年)
  • 『英語の強勢分布』 (音韻研究 ―理論と実践―、1996年)
  • 『A Typological Study of Word Order and Word Stress (Tsuda Inquiry、1996年)
  • 『A Rhythmic Approach to Word Stress』(Tsuda Inquiry、1995年)
  • 『"Grammatical" Stress in English』(津田塾大学言語文化研究所報、1994年)
  • 『Open Syllable Lengthening and Breaking as a Unified Process of Rhythmic Weight Compensation』 (Tsuda Inqiry、1994年)
  • 『Compensatory Lengthening in English Historical Phonology』(Tsuda Inquiry、1993年)