栗原 基(くりはら もとい、1876年2月15日 - 1967年8月26日)は、日本の英語教育者、キリスト教学者。

略歴編集

宮城県仙台出身。第二高等学校仙台ホサナ教会アニー・S・ブゼルにキリスト教を学び、1901年東京帝国大学文学部英文科卒。ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の教えを受ける。1902年広島高等師範学校教授、1912年京都YMCA主事、第三高等学校教授。1930年三・一五事件との関連でか退官した。同志社大学尚絅女学院大学で教えた。娘の俊子の夫は鈴木安蔵。「東大八雲講義受講ノート」八冊を残した[1]

著書編集

  • 『霊光録』洛陽堂 1916
  • 『ポイント・オヴ・ヴィユー』警醒社書店 1920
  • 『趣味の英語 一日一文』広文堂 1925
  • 『最新英譯和譯學修法』春陽堂受驗叢書 1930
  • 『ブゼル先生伝』ブゼル先生記念事業期成会 1940 『ブゼル先生伝 伝記・アンネー・サイレーナ・ブゼル』伝記叢書 大空社 1992
  • バーバンクと植物品種の創造』恒星社 1942
  • 『植物王バーバンク 「彼はどうやって新品種を創作したか」』恒星社厚生閣 1949
  • 『日本の始まり 新説 神話は生きていた』講談社 1969

共編著編集

  • 『英国文学史』帝国百科全書 藤沢周次共編. 博文館 1907
  • 『袖珍世界辭典』大橋五郎共編. 博文館, 1913
  • 『高等学校程度入学模擬試験英語問題及解答』須貝清一共著 広文堂 1924
  • 『分類的英文問題選及訳』山藤美可共著. 閤文閣 1924
  • 『英文解釋必修問題集』山藤美可共著. 廣文堂 1927

翻訳編集

  • アルノー・ノイマン『耶蘇伝』警醒社 1910
  • ジョン・ラスキン『人間修養論』 訳注. 博文館 1911
  • チャールス・リチモント・ヘンデルソン『社会政策概論』大日本図書 1914
  • ヘンリー・エマーソン・フォスヂック『耶蘇の人格』 日本基督教興文協会 1915 「イエスの人格」比叡書房 1953
  • シドニー・ギユリツク『日米問題』 警醒社書店 1915
  • スポルヂョン説教集』赤井米吉共訳. 磯部甲陽堂 1916
  • 『フオスヂツク霊交録』 日本基督教興文協会 1916
  • ウオルター・ラウシエンブシ『耶蘇の社会訓』 日本基督教青年同盟本部 1918
  • フオスヂツク『信仰の意義』開拓社, 1921-22
  • 『ヘルン文學選集』積善館 1924
  • 『朝祷』訳. 福音書館 1924
  • 『黄金河の王様』英文精粹 泉一夫共編. 創生社書店 1925
  • フオスヂツク『現代の聖書観 梗概』開拓社 1925
  • フオスヂツク『現代の信仰観』開拓社 1925
  • ラインホルド・ニーバー『近代文明と基督教』基督教思想叢書 イデア書院, 1928
  • G・K・チェスタトン『トレメンダス・トライフルズ』廣文堂, 1929
  • アーサー・クシュマン・マッギファート『近代基督教思想史』有賀鉄太郎共訳 基督教思想叢書 新生堂 1930
  • ラウシエンブツシユ『新社会建設のため 新祷書』基督教思想叢書刊行会 1932
  • フオスヂツク『無宗教への叛逆』基督教思想叢書刊行会 1935
  • H.E.フォスヂック『ナザレ人イエス』日本基督教青年会同盟 1954
  • リバイ・ドーリング『宝瓶宮福音書』霞ケ関書房 1970

記念文集編集

  • 『思い出の父栗原基』菊沢喜美子著. 善通寺・私家版 1969
  • 『栗原基先生記念追悼集』栗原基先生記念追悼集刊行会 昭森社 1980

脚注編集

  1. ^ 『栗原基先生記念追悼集』