栗林 佐知(くりばやし さち、1963年[1] - )は、日本小説家神奈川県横浜市出身[2]北海道生まれ)。1988年富山大学人文学部人文学科(文化人類学コース)卒業。

経歴編集

2002年、「私の券売機」で小説現代新人賞受賞(「券売機の恩返し」改題)。2006年、「峠の春は」で太宰治賞受賞(同作は「ぴんはらり」として単行本に所収)[3]

単行本編集

  • 『ぴんはらり』(筑摩書房 2007年1月)
  • 『はるかにてらせ』 (未知谷 2014年11月)

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

外部リンク編集