メインメニューを開く

栗田 元次(くりた もとつぐ、1890年11月3日 - 1955年12月1日)は、日本史学者。

愛知県愛知郡田代村(現・名古屋市千種区)出身。旧制明倫中学校(現愛知県立明和高等学校)卒。1914年東京帝国大学文学部国史学科卒。東京帝大史料編纂官補となり、「大日本史料」の編纂に従事。第八高等学校高等師範学校教授、広島高等師範学校教授、1929年広島文理科大学教授、1946年第八高等学校校長、1949年名古屋大学教授。[1]1953年中日文化賞受賞。近世史を専攻。

著書編集

  • 『膠州湾 独逸の東洋経営』アカギ叢書 1914
  • 『綜合日本史概説』中文館書店 1926-28
  • 『解説日本文化史』明治図書 1930
  • 『国史教育原論』同文書院 1930
  • 『国民総合日本史』中文館書店 1932
  • 『日本古版地図集成』編 博多成象堂 1932
  • 『新制綜合日本史 初級用』中文館書店 1933
  • 『綜合日本史插画解説』編 中文館書店 1934
  • 『青年学校国民日本史 本科 巻5』中文館書店 1935
  • 『綜合国史研究』同文書院 1935‐36
  • 『女子綜合日本史 上級用』中文館書店 1936
  • 『史的研究日本の特性』賢文館 1937
  • 『新体綜合国史插画地図解説』中文館書店 1938
  • 『栗田文庫善本書目』編 中文館書店 1940
  • 『新体綜合国史参考欄解説』編 中文館書店 1940
  • 『奈良時代の特性』日本放送出版協会 ラヂオ新書 1940
  • 新井白石の文治政治』石崎書店 1952
  • 『江戸時代史』龍居松之助共著 近藤出版社 1976
  • 『書誌学の発達』青裳堂書店 日本書誌学大系 1979
  • 『総合国史文献解題』日本図書センター 1982

編集