桑原政夫

桑原 政夫(くわはら まさお、1890年明治23年)1月14日[1] - 没年不詳)は、台湾総督府官僚基隆市尹。

経歴編集

埼玉県児玉郡吉岡村(現在の上里町)出身[1]1907年(明治40年)、東洋協会専門学校(現在の拓殖大学)を卒業。嘉義庁属、台南州新営郡庶務課長、同東石郡守、台南市助役、台中州員林郡守を歴任し、1932年(昭和7年)に基隆市尹に就任した[2]

退官後、台湾拓殖株式会社文書課長、台湾野蚕株式会社監査役、台湾畜産興業株式会社監査役などを務めた[3]

戦後は防府市助役を務めた[4]

脚注編集

  1. ^ a b 自治制度改正十周年紀念人物史 1931, p. 台中州17.
  2. ^ 台湾人士鑑 1937, p. 86.
  3. ^ 台湾人士鑑 1943, p. 128.
  4. ^ 防府市. “歴代の市長・副市長”. 2019年8月18日閲覧。

参考文献編集

  • 原幹次郎編『自治制度改正十周年紀念人物史』勤労と富源社、1931年。
  • 呂霊石編『台湾人士鑑』台湾新民報社、1937年。
  • 呂霊石編『台湾人士鑑』興南新聞社、1943年。