メインメニューを開く

桜田時厳

鎌倉時代中期から後期にかけての僧

桜田 時厳(さくらだ じごん、生年未詳 - 応長元年10月26日1311年12月6日))は、鎌倉時代中期から後期にかけての僧。父は鎌倉幕府5代執権北条時頼。8代執権北条時宗の異母弟。母は不明。桜田禅師相模禅師とも。名は時教とする系図もある。子に師頼貞国定宗、他。

教〈厳〉恵法印(または左大臣法印厳恵〈忠〉)の弟子。桜田流北条氏の祖。名字は武蔵国桜田郷(現東京都)に由来するという。時厳に関する『吾妻鏡』『尊卑分脈』での記録は見られないが、桜田流の一族は鎮西に下向し、子の三河守師頼は鎌倉時代最末期に大隅国守護となり、鎮西評定衆を務めている。その弟貞国(瓜連とも)は鎌倉にあって元弘の乱で有力武将として戦っている。

関連項目編集