桧皮色(ひわだいろ)とは深い黒っぽい赤褐色を指す。平安時代ごろに広く利用された色であり、染色する際は蘇芳を鉄媒染<参照:蘇芳色>で染める。比較的安価で手に入る色彩であった。

名前の由来はヒノキの表皮を取り去った後の皮の色(赤茶色)から。

完全に対応する英色名は無いが、雄牛の血液を意味する、深い赤褐色のオックスブラッド (ox-blood) がやや近い。