メインメニューを開く
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

梁袠(りょう ちつ、男性、生没年不詳)は、中国明代篆刻家である。

千秋江蘇揚州に生まれ南京に住んだ。

梁袠は、何震に師事し最も忠実に師法を遵守した。万暦28年(1610年)に印譜『印雋』を出版している。新安印派(黄山派・徽派・皖派)のひとりであり、その支流とみなされる雪漁派に属する。周亮工『印人伝』に略伝がある。

出典編集