周亮工

1612-1672, 明末~清初の文人

周 亮工(しゅう りょうこう、1612年 - 1672年)は、中国末から初にかけての文人。蔵書家としても知られ、特に印章を好んだ。元亮櫟園減斎開封府祥符県に生まれ、南京に住んだ。

周亮工

生涯編集

1640年崇禎13年)に進士及第し濰県県令に任じられた。1644年(崇禎17年)には浙江道監察御史となったが、明朝が滅亡し、また李自成の自害によりが崩壊うすると、1645年順治2年)に清朝に仕官し戸部右侍郎まで昇進した。しかし鄭芝龍の事件に連座し投獄される。のちに赦され再び仕官し、1662年康熙元年)に官職を辞した。

多くの著作を残したが、南明との戦乱によりその大半を焼失した[1]

文人としての評価編集

周亮工は詩文金石書画など幅広い分野での造詣を有していた。特に印章を好み、古文物の収蔵家として知られ、特に印章を好んだ。篆刻家の伝記である『印人伝』を編纂し、印譜頼古堂印譜』は1000方以上の印を収録し、子の周在浚・周在延・周在建・周在都・周在青に編纂させ出版している。画業で著名な陳洪綬許有介などと交遊した。

著作編集

  • 『頼古堂集』
  • 『因樹屋書影』
  • 『読画録』
  • 『印人伝』
  • 『頼古堂文選』
  • 『頼古堂印譜』
  • 『閩小記』
  • 『全濰紀略』
  • 『書影』
  • 『字触』
  • 『同書』
  • 『読画楼画人伝』

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 碑伝集』巻10「公の著す所の書は百余巻。晩年、尽く之を焚く。其の前世に行わるるものは、得て掩うべからざるなり」