メインメニューを開く

梁川 宗清(やながわ むねきよ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将伊達氏の家臣。梁川氏の祖。梁川城主。

 
梁川宗清
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文元年(1532年
死没 慶長9年12月4日1605年1月22日
改名 宗清→鉄斎(号)
別名 通称:伊達左衛門
主君 伊達稙宗晴宗輝宗政宗
氏族 伊達氏梁川氏
父母 父:伊達稙宗、母:中館氏
兄弟 屋形御前(相馬顕胤室)、蘆名盛氏正室、伊達晴宗大崎義宣伊達実元
二階堂照行室、田村隆顕室、伊達宗澄宗清亘理綱宗亘理元宗桑折宗貞村田宗殖極楽院宗栄
越河御前(相馬義胤正室)、ほか
正室:大條宗家長女
白石宗直村田宗友小梁川宗重室、
西大立目重信

生涯編集

天文元年(1532年)、伊達氏14代当主・伊達稙宗の八男として誕生。この年、稙宗は居城を梁川城から西山城に移している。

天文10年(1541年)、父・稙宗は鷹狩りの帰途、長男の晴宗に襲撃され捕縛される。稙宗は西山城に幽閉され、天文の乱が始まる。天文12年(1543年)、梁川城主となり梁川氏を称した。天文17年(1548年)、天文の乱は晴宗派の勝利で終結する。稙宗は伊達家の家督を晴宗に譲って丸森城に隠居する。伊達氏15代当主となった晴宗は居城を米沢城に本拠を移す。永禄8年(1565年)、晴宗は嫡男の輝宗に家督を譲り、杉目城に隠居する。輝宗は伊達氏16代当主・米沢城主となる。この年、父の稙宗が隠居地の丸森城で没す。天正5年(1577年)、晴宗が隠居地の杉目城で没す。

天正7年(1579年)、嫡子・白石宗直が梁川城で誕生。天正8年(1580年)、次男・村田宗友が梁川城で誕生。天正12年(1584年)に隠居し、鉄斎と称する。梁川氏は嫡子・宗直(6歳)が梁川伊達氏2代目当主となった。またこの年、輝宗は嫡男・政宗に家督を譲り、政宗は伊達氏17代当主・米沢城主となっている。翌年、輝宗は没す。天正17年(1589年)、政宗が居城を黒川城に移すのに伴い、米沢城留守居を任ぜられる。天正19年(1591年)6月、葛西大崎一揆に伊達軍が出陣する際、宗清は国分盛重と米沢城留守居を任ぜられる。またこの年、豊臣秀吉による奥州再仕置により、政宗が岩出山城へ所替され、宗清もこれに従った[1]

文禄2年(1593年)、嫡男・宗直が白石氏(水沢城)に出向き、白石宗実の娘と婚姻する。また次男・宗友も村田宗殖の婿養子となる。慶長4年(1599年)、白石宗実没す。宗直の長嗣子の宗貞は幼少だったため、後見となり白石宗直と称す。

慶長9年(1604年)12月4日死去。享年73。梁川伊達氏は嗣子なく断絶する[2]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 梁川城は上杉領となる。
  2. ^ のち、宗直の子宗元が梁川を称して再興し、準一家に列した。

参考文献編集

  • 『梁川伊達氏四百五十年史』
  • 『桑折町史』
  • 伊達治家記録
  • 『伊達世臣家譜』