梅田 昌志郎(うめだ よしろう、1927年12月10日[1] - )は、英文学者、作家。本名は芳朗[1]

経歴編集

札幌市生まれ[1]1951年(昭和26年)北海道大学[1]、1960年「海と死者」で中央公論新人賞受賞。文化学院法政大学講師を務め[1]、英文学などの翻訳がいくつかある。

翻訳編集

  • ガリバー旅行記 スウィフト 1976 (旺文社文庫)
  • ロレンス短編集 1977.6 (旺文社文庫)
  • 反対尋問 ウェルマン 1979.10 (旺文社文庫)
  • 謀殺 ジョージ・ジョゼフ・スミス事件 エリック・R.ワトソン編 1981.7 (旺文社文庫)
  • 疑惑 ミセス・メイブリック事件 H.B.アーヴィング編 1981.7 (旺文社文庫)

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 日外アソシエーツ 編 『現代翻訳者事典』 日外アソシエーツ、1985年。ISBN 4816905294