メインメニューを開く
森外三郎

森 外三郎(もり そとさぶろう、慶応元年(1865年)8月 - 1936年(昭和11年)3月6日[1])は、日本数学者教育者

経歴編集

石川県出身。1891年(明治24年)、東京帝国大学理科大学を卒業。三重県尋常中学校教諭、第三高等学校教授、学習院教授などを歴任した。1909年(明治42年)よりイギリスアメリカ合衆国ドイツに留学。帰国後の1911年(明治44年)より京都府立第一中学校校長となり、1922年大正11年)に第三高等学校校長に転じた。1931年(昭和6年)、退官。

著作編集

  • 『代数学教科書(上)(下)』(金港堂、1904年)

脚注編集

  1. ^ 『昭和12年 国民年鑑』国民新聞社、1936年。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第10版(下)』人事興信所、1934年。


公職
先代:
京都府立第一中学校長
土屋員安
京都府立京都第一中学校
1918年 - 1922年
京都府立第一中学校長
1910年 - 1918年
次代:
山本安之助