メインメニューを開く

森山 茂雄(もりやま しげお、1966年 - )は、日本映画監督東京都出身。

略歴編集

1966年東京都出身。

大東文化大学文学部日本文学科卒業。在学中は同大学の映画研究会(18期)に所属していた。

大学卒業後、映画監督を目指しピンク映画の現場へ飛び込む。

俳優・監督の池島ゆたかに師事し、数々の作品に助監督として参加する。

2002年、「桜井風花 淫乱堕天使」で監督デビュー。以後、コンスタントに作品を発表している。

近年、ピンク四天王の佐野和宏が脚本提供する監督としても有名。

2012年公開のファンタジー・ドラマ、「トテチータ・チキチータ」では監督助手として参加している[1]

主な作品編集

  • 桜井風花 淫乱堕天使(2002年)
  • 小川みゆき おしゃぶり上手(2002年)
  • 美人保健婦 覗かれた医務室(2003年)
  • 純愛夫婦 したたる愛液(2003年)
  • 夢を見た・・・ 「公開時タイトル:OL日記 あえぐ牝穴」(2003年)
  • 後家・後妻 生しゃぶ名器めぐり(2004年)
  • 素敵な片想い(2006年)
  • Unbush 待ち伏せ(2006年/短編)
  • 痴漢電車 秘貝いたずら指技(2006年)
  • Old Friends(2007年/短編)
  • ワイセツ和尚 女体筆いじり(2007年)
  • 大阪タコ焼きBLUES 「公開時タイトル:好きもの家系 とろけて濡れる」(2008年)
  • アラサー、よっこらしょッと! 「公開時タイトル:肉体婚活 寝てみて味見」(2010年)
  • それでも人生にイエスと言う 「公開時タイトル:あぶない美乳 悩殺ヒッチハイク」(2011年)

主な短編作品編集

  • Unbush 待ち伏せ(2006年)
  • Old Friends(2007年)

脚注編集