監督

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

監督(かんとく)とは、多くの事柄や人々・組織など見張ったり、指図をすることで取り締ることである。転じて、それらを行う人や組織のこともいう。

目次

分野編集

スポーツ編集

各種スポーツにおいて全体の指示や作戦を立てる責任者、または責任者の呼称。

団体競技や個人競技においては選手個々の強化や手本などを示し、コーチの役目を兼任する場合もある(英語のcoach、head coachは、多くのスポーツにおいて日本語で言うところの「監督」の役職に相当する。監督に相当する役職にmanagerの語を当てるのは、野球やサッカー(クラブチーム)などに限られる)。

一方で役割分担が明確な場合は監督業務とコーチ業務は異なる者がそれぞれを担い、一般的にはコーチは監督の指示や方針のもとに行動することが多い。一軍と別に二軍チームがある大規模なスポーツにおける二軍監督は、単に自らの指揮する二軍チームを勝利に導くのではなく、一軍チームの勝利のために選手の育成・調整を行う場を用意する役目であり、独立した監督というよりは、一軍監督の指揮下にあるコーチと同種の職種である。監督の上にクラブ全体を統括する「総監督」またの名を「ゼネラルマネージャー」を置くクラブも存在する。

名のある選手が引退後、その豊富な競技経験や知識を活かして、かつての名選手が監督となる事例が多い。一方で、カルロス・アルベルト・パレイラ山下正人のように、選手としての実績がなくても、監督やコーチとしての才能を開花させる例もある。

興行色の強いスポーツであるプロレスでも、長州力二上美紀子のように現場監督の肩書き・通称を持っている者がいる。マッチメイクアングル作成に携わる役職であり、後述の「文化における監督」に相当する。


産業編集

  • 監督員(建設) - 工事の注文者の代理として、注文者の代わりに契約の相手方である請負人との契約の履行についての事務を行う者。また、契約の相手方である請負人の工事の施工について、立会、検査、試験等を担当する。
ある人間やある組織から他の人間や他の組織にが不法・不平等に運用されないように監視や検査を行うこと、または行う組織官職


創作・実演編集

映画では主たる演技の指導やテーマ・方向性を示す立場にある責任者、または責任者の呼称。下に助監督と呼ばれる役職がある。英名は Director。日本語では一般にディレクターと読み、英語読みではダイレクターと言う。監督の同義語または類義語として英名とは異なる意味のディレクタープロデューサーを用いる場合、混同して用いることがある。総合的にテーマや方向性を示す立場にある責任者であることから対外的な折衝などの渉外を主たる業務にすることが多く、監督作品における公式なスポークスマンの役目を担うことが多い。大規模な映画では、総監督の元に演技・特殊演技・音楽・撮影・特殊撮影などの役割分担をした複数人の監督が存在することがある。


上記から準じてアニメ製作の各分野別やコンピュータゲームにおける作品の責任者のことも監督と呼ぶ。


演劇などの舞台では、作品を技術的に支える各役割に対しての呼称として「監督」を用いることが多く、作品の芸術的内容について指導的立場に立ったり演技指導などを行う職種は「演出家」と呼ばれることが多い。ただし一部の劇場に置かれている芸術監督は、劇場の通年の興行スケジュールの調整によって劇場ごとの芸術的な特徴を演出する仕事であり、映画などで使われる「監督」にやや近い。

  • 舞台監督(英名:Stage Manager)
  • 技術監督(英名;Technical director)
  • 芸術監督(英: Artistic Director / 独: Intendant)

脚注編集

関連項目編集