メインメニューを開く

森岡 健二(もりおか けんじ、1917年6月11日 - 2008年3月27日)は、日本国語学者上智大学名誉教授

目次

人物編集

宮城県栗原郡生まれ。教員だった父の転勤で山形県佐賀県に移り、佐賀高等学校を経て1940年東京帝国大学国語国文学科卒。大学院に進むが兵役で満洲勤務。戦後46年広島高等学校専任講師、教授、49年国立国語研究所所員、53年東京女子大学助教授、56-57年ハーヴァード大学留学、58年教授、70年上智大学教授。88年定年となり名誉教授。国語審議会委員をたびたび務めた。

現代口語を研究したほか、沖縄の文学研究もある。

兄は岡山大学教授・森岡常夫

著書編集

単著編集

  • 話しコトバの効果 光風出版 1957 (話しことば新書)
  • 文章構成法 文章の診断と治療 至文堂 1963
  • 沖縄の文学 東海大学出版会 1967
  • 語彙の形成 明治書院 1987.6 (現代語研究シリーズ ; 第1巻)
  • 文字の機能 明治書院 1987.11 (現代語研究シリーズ ; 第2巻)
  • 文法の記述 明治書院 1988.2 (現代語研究シリーズ ; 第3巻)
  • ことばの教育 明治書院 1988.3 (現代語研究シリーズ ; 第4巻)
  • 文体と表現 明治書院 1988.7 (現代語研究シリーズ ; 第5巻)
  • 日本文法体系論 明治書院 1994.7
  • 欧文訓読の研究 欧文脈の形成 明治書院 1999.2
  • 要説日本文法体系論 明治書院 2001.12
  • 日本語と漢字 明治書院 2004.5
  • ことだまのおぼつかなさに ことばという対象をめぐって 大空社 2008.3

共編著編集

  • 人間を支配することばのマジック ゼネラルセマンティックス 至文堂 1966
  • 近代語の成立 明治期語彙編 明治書院 1969
  • 講座正しい日本語 全6巻 永野賢,宮地裕共編 明治書院 1970-71 
  • 言語と人間 藤永保共著 東海大学出版会 1970
  • 小学校における文章構成法 基礎篇 光文書院 1971
  • 現代作文講座 全8巻 林大,林四郎共編 明治書院 1976―77
  • 明治期専門術語集 有精堂 1985.9
  • 命名の言語学 ネーミングの諸相 山口仲美共著 東海大学出版会 1985.9
  • 近代語の成立 文体編 明治書院 1991.10
  • 集英社国語辞典 共編 集英社 1993.2

翻訳編集

  • 日本語読本 1(翻訳・解説) ヘルマン・プラウト 志村哲也共訳 大空社 2006.3

参考編集

  • 「ことだまのおぼつかなさに」附載年譜