森本 一雄(もりもと かずお、1887年明治20年〉4月15日[1] - 1938年昭和13年〉11月7日[2])は、日本の衆議院議員国民同志会)。初代敦賀市長

森本一雄

経歴編集

兵庫県出身。1915年大正4年)、早稲田大学政治経済科を卒業[3]。翌年より衆議院議員尾崎行雄の秘書となった。1923年(大正12年)、鐘淵紡績社長武藤山治実業同志会を結成すると、理事兼会長秘書役を務めた。

1930年(昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に実業同志会の後身の国民同志会から出馬し、当選を果たした。

その後、福井県敦賀郡敦賀町の町長を務め、1937年(昭和12年)に敦賀町が市制を施行すると、初代敦賀市長に就任した。翌年、在職中に死去。

森本を演じた俳優編集

脚注編集

  1. ^ 『日本の歴代市長』第2巻、p215。
  2. ^ 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年。
  3. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。

参考文献編集

  • 『日本の歴代市長 第2巻』歴代知事編纂会、1984年。