森 正夫(もり まさお、1935年12月11日[1] - )は、日本の中国史学者名古屋大学名誉教授。

略歴編集

京都府出身。京都府立洛北高等学校卒、1958年京都大学文学部東洋史学科卒、1963年同大学院博士課程単位取得退学。1989年「明代江南土地制度の研究」で文学博士。1963年名古屋大学文学部助手、1967年高知大学教育学部専任講師、1968年助教授、1970年名大文学部助教授を経て、1980年教授、1989-1991年文学部長を務め、1998年定年退官、名誉教授となる[2]明清史が専門。

著書編集

  • 李大釗』 (中国人物叢書) 人物往来社 1967
  • 『明代江南土地制度の研究』 (東洋史研究叢刊) 同朋舎出版 1988
  • 森正夫明清史論集』全3巻 汲古書院、2006
第1巻) 税糧制度・土地所有
第2巻) 民衆反乱・学術交流
第3巻) 地域社会・研究方法

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ 森正夫教授略歴