森田 英克(もりた ひでかつ、1974年8月14日 - )は、日本実業家KLab株式会社代表取締役社長最高経営責任者

人物・経歴編集

静岡県出身[1]。1997年法政大学社会学部卒業、丸井入社[2][3][4]。1999年レップシステムハウス入社。2000年公募ガイド入社[5]。2002年インデックス(のちのインデックス・ホールディングス)入社。同年ケイ・ラボラトリー入社[6]ゲーム事業の立ち上げにあたり[7]、2007年にはKLabコンテンツビジネス事業部長に就任。2008年KLabコンテンツメディア部長[5]

2009年KLab執行役員。2010年KLab取締役KLabGames部長に昇格。2011年KLab取締役KLabGames1部長。2012年KLab専務取締役CGO、 可来軟件开発(上海)有限公司董事メディアインクルーズ取締役[5]。2017年スパイスマート取締役。2018年KLab専務取締役CCO上席執行役員。2019年KLab代表取締役社長CEO、 可来軟件开発(上海)有限公司董事長[6]

脚注編集

[脚注の使い方]


先代:
真田哲弥
KLab社長
2019年 -
次代:
(現職)