メインメニューを開く

森 頼定(もり よりさだ)は鎌倉時代武将鎌倉幕府御家人源義家の孫にあたる若槻頼隆の次男。森氏の祖。

 
森頼定
時代 鎌倉時代
生誕 治承3年(1179年
死没 康元2年1月13日1257年1月29日
官位 正五位下伊豆守、左衛門尉
幕府 鎌倉幕府
氏族 河内源氏義隆若槻氏森氏
父母 父:源頼隆
兄弟 頼胤頼定
村上信村の娘[1]
義泰定氏頼泰上野朝氏泰朝義定頼明戸田信義義通

父より相模国毛利庄を継承して森姓を称し、安嘉門院判官代などを務めた。子孫には織田信長の家臣である森可成長可成利忠政らの他、讃岐国の豪族となった家系が派生したともいうが、忠政を祖とする近世大名の家系は仮冒とする説もある。

康元2年(1257年)1月13日、79歳で死去[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 九男頼明の母。(『尊卑分脈』)
  2. ^ 吾妻鏡