植月 千春(うえつき ちはる、1957年 - )。岡山県津山市生まれ。岡山操山高校京都市立芸術大学を卒業。カーヌーン奏者、ピアニスト声楽家イスラム教徒[1]

スポーツジムにてトルコ人と知り合いになったのをきっかけに、2001年に訪れた青山にあるトルコ料理店で、アラブの伝統楽器カーヌーンに出会った。同年には渋谷モスク東京ジャーミイ)にてイスラム教に入信し、イスラム名はヤスミン[2]。以降はトルコにてターヒル・アイドーデュ、チュニジアにてジャメル・アビドに師事しカーヌーンの演奏方法を習得。2003.03 カーヌーン・ソロ・アルバム出版

イラクに対する侵攻に反対の立場を貫き、実情を知るために、2003年5月にイラクを訪れる。2004年に出版されたリヴァーベンドによるイラク戦争の状況を伝えるブログ『バグダード・バーニング』の日本語への翻訳及び書籍出版にも協力した。

2019.07 「幻想組曲『銀河鉄道の夜』によせる想い」を作曲・演奏し、Youtubeに公開

出典編集

  1. ^ “企画・連載 ムスリムの心 第2回、伝統楽器に魅せられて”. 読売新聞. オリジナルの2007年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071026054041/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/kikaku/018/2.htm 2009年9月13日閲覧。 
  2. ^ ヤスミン植月千春とアラブ音楽との関係

外部リンク編集