メインメニューを開く

植村 秀明(うえむら ひであき、1949年8月5日 - )は、奈良県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

植村 秀明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県
生年月日 (1949-08-05) 1949年8月5日(69歳)
身長
体重
189 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

奈良県立郡山高等学校では1966年、2年生の時にエースとして、夏の甲子園予選紀和大会決勝で向陽高を破り、33年ぶりに夏の甲子園に出場。大会では1回戦で小千谷高を降す。2回戦では横浜一商の佐々木正雄(日大)と投げ合うが、延長10回の熱戦の末に2-6で敗退した[1]。高校の1年上には、右翼手、四番打者の白滝政孝がいた。翌1967年夏は県予選準々決勝で桜井商に敗れる。

高校球界では河原明村田兆治らと並ぶ剛速球投手として知られていたが、甲子園でも長身から投げおろす重い速球とシュート、カーブでプロ野球関係者の注目を浴びた。

1967年のドラフトに広島から2位指名され入団。しかし一軍公式戦に出場がなく、1971年限りで引退。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場無し

背番号編集

  • 17 (1968年 - 1971年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集