メインメニューを開く

椎葉神楽(しいばかぐら)は、宮崎県東臼杵郡椎葉村を中心に伝わる神楽の様式。山の神楽として知られ、村内各地区(26地区、1982年時点)に伝承されている。地元では現在では11月から12月にかけて「冬祭り」などと呼ばれ行われるが、後継者不足などの要因により中止する集落が存在する。

不土野神楽

概要編集

椎葉の伝統文化は柳田國男が1909年に『後狩詞記』を記して以来多くの研究者により紹介されてきたが、神楽のみは第二次世界大戦後に本田安治が大河内神楽を紹介するまで外部へ知られることがなかった。1980年12月12日には国の選択無形民俗文化財となり、1981年度からの4年に渡って椎葉神楽記録作成委員会(椎葉神楽調査団)による調査・報告が行われた結果、1991年2月21日に国の重要無形民俗文化財に指定された。

伝承地区編集

十根川、仲塔、奥村、財木、木浦、胡麻山、夜狩内、上椎葉、村椎、若宮、栂尾、大藪、大河内、合戦原、矢立、竹の枝尾、小崎、尾前、向山日当、向山日添、尾手納、古枝尾、不土野、栗の尾、畑、水越

外部リンク編集