メインメニューを開く

楊 昌濬(よう しょうしゅん、Yang Changjun1825年 - 1897年)は、末の官僚。字は石泉湖南省湘郷県(現在の婁底市)出身。

太平天国の乱が起こると、師であった羅沢南に従って団練を組織し、湖北省に援軍に赴き訓導に任命され江西省安徽省を転戦、知県に昇進した。同治元年(1862年)、左宗棠軍に属して浙江省に入り、李世賢を破り、衢州府知府に任ぜられた。その後湖州を奪回し、浙江省西部を平定し、塩運使、浙江布政使と昇進を重ねた。

同治9年(1870年)に浙江巡撫に任命され7年在任、光緒4年(1878年)、左宗棠のヤクブ・ベクの乱鎮圧の補佐にあたり、光緒6年(1880年)に陝甘総督に昇進、光緒9年(1883年)に漕運総督に転任した。翌10年(1884年)、清仏戦争で左宗棠が欽差大臣に任命されるとここでも補佐にあたり、閩浙総督となった。光緒14年(1888年)に陝甘総督に再任し光緒21年(1895年)まで務めた。

出典編集

先代:
李瀚章
浙江巡撫
1870年 - 1877年
次代:
梅啓照
先代:
左宗棠
陝甘総督
1880年 - 1881年
次代:
曽国荃
先代:
慶裕(キンユイ)
漕運総督
1883年 - 1884年
次代:
呉元炳
先代:
何璟
閩浙総督
1884年 - 1888年
次代:
卞宝第
先代:
譚鍾麟
陝甘総督
1888年 - 1895年
次代:
陶模