楊澥

清朝中期の篆刻家・書画家

楊澥(よう かい、男性、1780年 - 1850年)は、中国清朝中期の篆刻家書画家である。元のを海、を竹塘、は龍石・石公山人、晩年に野航と号する。江蘇呉江の人。

金石学考証学を究めた。篆刻は浙派に属し、の古印を原点に装飾性を抑えて素朴な味わいの作風だった。

出典編集

  • 銭君匋・葉潞淵『篆刻の歴史と鑑賞』高畑常信訳 秋山書店<秋山叢書>、昭和57年。