楚州(そしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から南宋にかけて、現在の江蘇省淮安市一帯に設置された。

概要編集

南朝梁により設置された北兗州を前身とする。東魏により北兗州は淮州と改められた。北周のとき、寿張県に淮州の州治が置かれた。581年開皇元年)、隋が建国されると、淮州は楚州と改められた。592年(開皇12年)、楚州の州治は山陽県に移された。605年大業元年)に廃止され、管轄県は揚州に移管された[1]

621年武徳4年)、臧君相を降伏させると、江都郡山陽県に東楚州が置かれ、山陽・安宜塩城の3県を管轄した。625年(武徳8年)、西楚州の廃止にともない、東楚州は楚州と改められた。742年天宝元年)、楚州は淮陰郡と改称された。758年乾元元年)、淮陰郡は楚州の称にもどされた。楚州は淮南道に属し、山陽・塩城・盱眙宝応淮陰の5県を管轄した[2]

のとき、楚州は淮南東路に属し、山陽・塩城・淮陰・宝応の4県を管轄した。1228年紹定元年)、山陽県を昇格させて淮安軍とした。1234年端平元年)、淮安軍は淮安州と改められた[3]

脚注編集

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志三
  3. ^ 宋史』地理志四